既婚者と一緒にいると気分が良い理由

不倫がなんで楽しいのか、それは不倫をしたモノしか判らない問題なのかもしれません。そして、不倫ってするつもりでないのについついしてしまうものかもしれません。不倫には、してはいけない怪我をしてしまう不倫もあるので、ここは、いざ不倫をしたときのため、ある程度のノウハウを誰もが知っておく必要があるのではないでしょうか。

不倫相手の持っている魅力 それはノーマルな恋愛ではない

既婚者には、普段私達が接しているノーマルな恋愛とは違う魅力的な男性がいると言います。未婚の男性と比較して結婚しているというだけで何が男性として変化するのでしょうか。ここが大きな不倫を探るキッカケとはなりそうです。

既婚者は、とにかく余裕を持っているのです。人生の経験者であり、恋愛に対して経験者であり、余裕をもって女性の人をリードしてくれます。フェミストの世の中、似非フェミストが、日本のいたるところに出没する訳ですが、そのような既婚者こそ、本当に、そのような似非たちとは全然違い、自然体でフェミスト的行動パターンを取ることができます。

未婚の男性は、なんとしてもこの女の子をゲットしなければならないという焦りも何処かに生まれて来てしまうものです。既婚者には、それがなく、相手が結局自分を相手にしなかったとしても、自分が既婚者なため仕方のないことであり、既婚者は、既婚者として収まる鞘に再び戻ればいいだけの話しなのです。

未婚というだけではなく、恋愛に対して、多くの経験をしたことのない男性なら、キスをする時でも、どのようにキスをしていいかうろたえてしまうケースもあるかもしれません。男性だってはじめての時があるので、それは仕方のないものかもしれませんが、そのような光景に幻滅している女性の人たちは、実際に多くいます。男性も、自分がはじめてという場合は、大人の女性にリードしてもらう方が良いのかもしれません。

経験ということはやっぱり大事なことです。女の子が何かして欲しいと思ったとき、経験を持っている男性は、すんなり女の子が言葉に発さないでも感づくことができてしまうのです。女の子はそのとき、この男性はテレパシーを持っているの……?と思うのかもしれません。しかし、テレパシーなんて持っているはずはなく、男性が持っているのは、やっぱり人生の経験、恋愛の経験に過ぎないのです。

既婚者は、女の子を束縛しようとしない

男性は、ある意味いつだって、家庭をしっかり守らねばならない義務感は持っているはずです。既婚者は既婚者として社会的自覚は持っているため、女の子を束縛しようなんて考えをほとんどもてずにいます。したがって、女の子は、既婚者と恋愛をしていても、いつだって、他の男性に翻ることができる自由性を持つことができ、とても居心地がいいのです。私は、他の男性が好きになっちゃったの……と堂々と告白することができ、女の子はそのときには既婚者にエールを送ってもらうことができるかもしれません。

女の子が仕事に忙しくて、なかなかメールで連絡を取ることができないという時もあるでしょう。そのようなとき、ノーマルな恋愛なら、もう自分のことを愛してもらうことができてないのかもという不安に陥ってしまうものです。しかし、この既婚者は、そのようなブランクをいくらだって受け入れることができてしまうのです。自分を急かすこともしない既婚者に対して、だから女の子はどんどん深みに入ってしまうのかもしれません。

はじめてのデートのとき、お金を支払いしてくれるのは決して彼氏という役目がはっきりと決まっている訳ではありません。でも既婚者は、しっかりお金は自分が支払いしなければならないものというルールも持っています。

割り切り出会いや不倫相手検索ならコチラ↓↓
大手不倫サイト.com