セフレという男女関係には、保証がないんです

セフレという男女関係を経験したことがない人にとっては、保証がない男女関係というのはつまりどのようなものなのかということが、今ひとつピンと来ないと思います。そんな男女関係が本当にあるのか、どんな男女関係も、ある程度の保証、つまりは信頼関係の下で成り立っているのではないかと思うかもしれませんね。

私だって若いころは、保証のない男女関係なんてないのだというふうに考えていました。そのように考えていたころは、まだまだ人生経験が足りなかったのだというふうに今なら思います。

セフレという男女関係には保証がない、そういう考え方に納得できないと、セフレという男女関係を築くことは難しいと思います。たとえ最初のうちは納得して、セフレという男女関係をスタートさせたとしても、保証がない男女関係だということで急に不安になってしまうというケースもあるみたいです。そういう人はもちろん、セフレという男女関係には保証があるというふうに考えているわけですよね。

けれどもそういう考え方が打ち砕かれてショックを受けるんです。ショックを受ける気持ちはもちろんわかりますが、セフレという男女関係を考えるなら、保証がない男女関係なのだということはあらかじめ理解しておくべきですし、保証がない男女関係打からこそスリルがあるというふうに考えられる人でなかったら、セフレという男女関係を維持することは難しいと思います。

保証がない男女関係というのはつまり、いつセフレという関係が終わってもおかしく無い関係ということです。出会い系サイトを利用して知り合った男女関係のなかには、セフレだからというのは関係なくあやふやなものは多いですが、その中でもやっぱりセフレという関係のあやふやさは特別だと思いますね。そのままセックスするための友達という意味で、結婚しているわけではないから常に一緒にいられるわけではありません。常にパートナーと一緒にいるわけではないから、その分気楽だというのを、セフレとの関係を持つメリットに挙げる人も多いわけですが。

せふれ募集アプリを利用してセフレという関係をスタートさせると、相手の女性がすでに毛混している人妻だとかいうこともよくあるので、必然的に、セフレという男女関係があやふやなものになるのは仕方がないですね。セフレという男女関係の中でも、人妻と関係を持てばそれは不倫の関係ということになってしまうわけですから、もしもその事実が旦那さんに知られたら、それだけでもちろんパニックになります。パニックではなく、修羅場といったほうがいいかもしれませんね。

本来ならばれないようにデートと化すべきですが、ばれてしまうケースがむっちゃ多いので、結局ばれてしまったことが原因になって(もしくはばれそうになったから、これ以上は危険を冒せないというふうになって、二人で会うのはもうやめにしようとかいう話の流れになるんです。

結婚していない男女関係というのは、こんな感じでまさに保証がないので、つらいところですよね。そういうことがわかっていても、人間というものはやっぱり浮気をせずにはいられないものなのですが。